横浜山手西洋館~花と器のハーモニー~3. 山手234番館 2011-6-8


 
 テーマ:ある洋館での暮らし

エリスマン邸の斜め前、山手本通沿いに建つ山手234番館は、
昭和2(1927)年頃外国人向けの共同住宅(アパートメントハウス)として、
現在の敷地に日本人建築家朝香吉蔵によって設計され
民間業者によって建設されました。
関東大震災により横浜を離れた外国人に戻ってもらうための
復興事業の一つとして建てられました。
他の洋館と異なるシンプルな造りが特徴です。
昭和初期の山手の風景を彷彿とさせる外国人用集合住宅です。

1.
c0153534_1543795.jpg


2.
c0153534_15433875.jpg


3.
c0153534_15435380.jpg


4.
c0153534_15441316.jpg


5.
c0153534_15502261.jpg






6. 不思議な映像。スクリーンにProjectorから投影された映像は一見変哲もない映像だが、
  デジカメカメラで撮るとこのように様々な色調に変わって撮れる。
   鹿野真智子アーチスト創案による作品。
c0153534_15443150.jpg




7.
c0153534_15463014.jpg


8.
c0153534_1885581.jpg

[PR]
by degikamelife | 2011-06-12 15:37 | 横浜山手西洋館
<< 横浜山手西洋館~花と器のハーモ... 横浜山手西洋館~花と器のハーモ... >>